腰痛予防は良い姿勢から

腰痛は、人が直立歩行(2本足歩行)の代償として、
潜在的なものになってしまいましたが、

それでも、実際には、腰痛になる人と腰痛にならない人がいます。

この理由は姿勢にあります。

言い方を変えれば、立ち姿の美しい人(無理のない自然な姿勢)は、
腰痛になりにくいのです。



例えば、背骨を支える筋肉が弱い人は、
背骨が曲がって姿勢が悪くなります。

ストレスの蓄積でも、前かがみになりやすいものです。


姿勢が悪いと、内臓の働きも低下し、
その内臓をかばうために、さらに姿勢が悪くなります。

こうした悪循環を防ぐためにも、
良い姿勢を保つことは重要です。


良い姿勢を保つためには、

1、見た目に美しい姿勢であること

2、努力しなくても取り続けられる楽な姿勢であること

3、重心線(体軸)が、きちんと通っていること

4、次の動作に移りやすい機能的な姿勢であること



最初は、分かりにくかったり難しく感じるかもしれませんが、
常に意識しているだけでも、徐々に良い姿勢になってくるものです。

日頃から良い姿勢でいられるようになれば、
その結果として腰痛を予防することができます。



エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム


腰痛アカデミー
腰痛アカデミー


This entry was posted in 腰痛の予防 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>