腰痛予防の2つの要点

腰痛予防には、大きな要点が2つあります。

1、スポーツ・運動によって柔軟で強い腰をつくる
2、日常生活の中で、無理な姿勢・動作によって腰に負担をかけない


と、言われても、そうならないように注意はしているし、
具体的にはどうすればいいのか?

特に2番目は、具体的にどうすれば・・・


実は、自分では腰痛の原因をつくっていないつもりでも、
腰に、無理・負担をかけてしまっていることは多くあります。



その中でも、意外に見落とされているのが、立っているときの姿勢です。

猫背で肩をすぼめた姿勢は良くないのはもちろんですが、
逆にお腹を突き出し腰を前に反らせた姿勢も、腰によくありません。

身体の芯を歪めて立っているわけですから、
それを支える腰には、大きな負担をかけることになります。


理想的な立姿勢は、

あごを引いて、おへそも引くような感じで、
腹筋を軽く緊張させておくのが理想です。


これが、腰痛を起こしにくいし立ち姿勢になります。


椅子に座るときも同様ですが、
気をつけなければいけないのは、椅子の高さです。

高すぎても低すぎても、腰へ負担がかかります。

椅子の高さは、股関節、膝関節がそれぞれ90度、
つまり背筋と太ももが90度、太ももとすねが90度で、
両足裏がぴったり床につくのが理想です。



また寝るときも、ベッドやマットレスが柔らかすぎると、
眠っている間に真ん中がへこみ、腰がくの字に曲がった姿勢になってします。


これでは、一番の休息であるはずの睡眠時が、
身体に負担をかけて、腰痛の原因となってしまいます。



そして、最も注意が必要なのが、重いものを持ち上げるときです。

できるだけ身体を近づけて、必ず膝を曲げて物をつかんで、
膝を伸ばして持ち上げるようにしてください。



このように、ちょっとした知識とそれを実践することで、
腰痛を予防することはできるのです。



エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム


This entry was posted in 腰痛の予防 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>