腰痛の意外な原因

腰痛の原因はいろいろですが、
一見腰痛と関係ないようで、実は関係している
意外な原因もあります。

腰痛の緩和や改善に良いと言われていることを、
いろいろと試しているけれど、なかなか良くならない・・・

もしそうなら、普段の何気ない習慣を
もう一度、見直してみませんか?


1、喫煙

  喫煙が健康に良くない、病気のもとであることは、
  いうまではありません。

  また、喫煙者には椎間板ヘルニアの人が多いのも事実です。

  背骨(脊柱)には骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板があり、
  この椎間板は周囲の毛細血管から栄養を吸収しています。

  タバコを吸うとニコチンが血管を収縮させので、
  椎間板へ栄養が行き渡らなくなります。

  タバコをやめることで、
  壊れていた椎間板が回復する可能性もあります。

2、睡眠不足

  睡眠不足は、血流が悪くして、
  喫煙と同じように椎間板が栄養不足になります。

  また、睡眠時間は十分なのに、実はあまり眠れていない、
  と、いうこともあります。

  敷布団やマットレスが柔らかい過ぎたり、
  枕の高さがあっていないと、十分な睡眠がとれません。

  特に枕の高さは、就寝時の姿勢への影響が大きく、
  腰痛を招く原因にもなります。

  寝具店などで相談されるのも良いと思います。

3、肥満

  普段の生活で、立ったり座ったりの動作をするだけで、
  腰には体重の約2.5倍の負荷がかかります。

  もし体重60kgの人なら、150kgもの負担がかかっています。

  また、肥満になるとお腹が前に出て、
  無意識に腰を反らせてバランスを取るようになり、
  これも、腰痛の原因になります。

  体重の増加は、腰への負担の増加です。

4、運動不足

  運動不足も腰痛の原因となります。

  長時間の同じ姿勢も血行を悪くし、腰の筋肉が固くなります。
  
  腰まわりの筋肉も衰え、
  上半身を支えている腰に負担がかかるため、腰痛を引き起こします。

 
腰痛の時に身体を動かさないでいると、
関節や腰の筋肉がどんどん衰え、さらに悪化させてしまいます。

痛みが酷い場合は安静が必要ですが、
少しくらいの痛みの場合は、適度に動かした方が治りも早いものです


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


This entry was posted in 腰痛の原因 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>