腰痛で横向けに寝るのは・・・

横向きに寝るのは、うつ伏せや仰向けと比べて、
腰への負担が少ない寝方です。

ただ横向きに寝ただけでは、上になったほうの脚も下に降りてしまうので、
(両脚が床(布団)に並んでしまう)骨盤に強いねじれが生じます。

これを防ぐには、

上下に重なった脚の間に枕を挟む

こうすれば、両脚を無理のない位置に保てます。


ただ、その枕が、

あまり厚すぎると脚の間に挟むのが難しくなるし、
あまり薄いものだと寝返りをして、仰向けやうつ伏せになりかねません。



また、横向きに寝る場合、頭を乗せるための枕は、
しっかりした素材で厚みのあるものを適しています。

耳からベッドまでの隙間を埋めるだけの厚みがないと、
首を無理のない角度に保てません。

首の下にあたる部分が盛り上がった枕は、
仰向け寝のためのもので、横向け寝には適しません。

腰痛の緩和を謳った枕の中には、こういったものもあるので、
(仰向き寝を前提としているので)注意が必要です。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム


This entry was posted in 腰痛の予防, 腰痛の原因, 腰痛の改善 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>