背伸びで、悪い姿勢をリセット

前回の記事で、姿勢が悪いと腰痛だけでなく胃も悪くなる
と、書きましたが、

でも、仕事や家事の労働を続けていると、
よくない姿勢になっていることもよくあることです。

それを解消するには、
時々、「背伸び」をするのがおすすめです

背伸び自体がストレッチにもなりますし、
悪い姿勢のリセットにも最適です。

同時に数歩でも歩くといいのですが、
それがやりづらい場合は、背伸びだけでも効果ありです。

背伸びで、悪い姿勢をリセットして、
いい姿勢に戻してみる。

たとえ、いい姿勢が長かなくても、
時々、背伸びをすることで、もとに戻すことができます。


簡単にできることを続けるだけでも、
その効果は大きいものです。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の予防, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

姿勢が悪いと腰痛だけでなく胃も悪くなる

身体の不調と姿勢の関係は今更言うまでもないことですが、
やはり密接な関係があります。

姿勢がよくない=身体のバランスが悪い

つまり不自然な、身体に負担がかかる状態です

無理な力に耐えているのですから、
関節に負担がかかって当然です。

身体の要(かなめ)である腰が悪くなるのも無理のないこと。

無理がかかっているのですから、
当然、内臓にも影響が出ます。

その中でも、デリケートな胃が悪くのも理解できます。

よい姿勢は健康につながっている

暮らしの中でも意識し続けるのがいいすね。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の予防, 腰痛の原因, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

噛み合わせや歯並びと腰痛

歯は健康面や精神面に多くの影響を与えます。

虫歯になったときの健康面・精神面への影響は、
もはや説明の必要もありませんね。

それ以外にも、噛み合わせも同様に
健康面・精神面へ大きな影響を及ぼします。

噛み合わせが良くないということは、
身体のバランス、身体の軸が良くない、
歪んでいるということです。

当然、腰への影響も多くなります

噛み合わせが良くないのは、
歯並びも良くないということです。

特に腰へ大きな負担をかけるようなことはしていないのに、
慢性的な腰痛が続いているのでしたら、
歯科医院で診てもらってはどうでしょうか。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の原因, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , | Leave a comment

腰痛、手術するかしないかの判断は?

腰痛の手術をするかどうかは、
生活や仕事などによって異なります

立ち仕事が多く、毎日数時間の仕事がきつい、もう限界かもしれない。
でも仕事はやめられない」という人は、手術で痛みが解消され、
仕事が続けられたり、復帰できる可能性があります。

一方、そのような仕事に従事していなくて、
移動も車が多く、用事や買い物も数分で済むので、長く歩くこともない、
という場合は、腰をかがめるなどの楽な姿勢をとったり、
痛み止めの薬などを使う選択肢もあります。

腰痛は、手術をしなければ生命が危険というものではありません。

生活上困らなければ、
リスクや負担の伴う手術をしない選択もあります。

それぞれの人に事情に応じた対策が一番です。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の改善 | Tagged , , , | Leave a comment

腰痛を予防や緩和に有効な「寝返り」を打ちやすくするストレッチ

以前の記事で、寝返りが腰痛を防いでいることを書きましたが、
実際、眠っている間のことですから、難しいですよね。

でも、その寝返りがうてなくなるような身体にしないため、
有効なストレッチもあります。

そもそも寝返りとは、「身体を回転させる全身運動」ですので、
寝返りがうちづらいのは、身体が固くなっているということです。


ですので、腰だけでなく、胸から太腿までの筋肉を
柔らかくするストレッチが有効です。

以下に、4つのストレッチを紹介しますが、
これらは、横になった(寝た)状態で行ってください。

1、腰をねじる

 仰向けの状態で、腰をねじります。
 まず、右膝を立て、左手で→右膝をつかみ、左側に倒します。
 右手は、頭上に真っ直ぐに伸ばします。
 痛みをこらえてまで無理する必要はありません。できる範囲で。
 左右を入れ替えて、もう片側も行います。

2、肘立て+膝曲げ

 うつ伏せになった状態から肘を立てます。
 その状態から、膝を曲げます。(足の裏が上を向く状態)
 膝を曲げるのも無理のない範囲で。

3、膝抱え

 仰向けで、背中を床につけます。
 両手で片膝ずつ順番に胸の前で抱えます。
 その後、両膝を抱えます。

4、タオルで脚上げ

 仰向けの体勢で、膝を曲げ、タオルを足の裏の爪先にかけます。
 左右の手でタオルの両端をつかみます。
 タオルを軽く引きながら脚を上げていきます。
 次に脚(膝)を真っ直ぐに伸ばします。
 これを左右の脚を交互に。

これらを息を吐きながら行います。
寝る前に行なうのが効果的です。

理想は、1~4を順番に、3セットですが、
無理をする必要はありません。

ぜひ試してみてください。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の予防, 腰痛の原因, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

重いカバンや荷物も腰痛の原因

持ち物が多い、重いのも、ただ疲れるだけでなく、
腰へも大きな負担となります。

仕事でも、プライベートでも、
日常的に男性よりも女性の方が、持ち物が多いですし、

小さな子供を連れている場合には、おむつなどが入った荷物やベビーカー、
さらに抱っこすれば子供体重もかかります。

多くの女性は、男性の2倍の重さの荷物を持ち歩いていることになります。

こういった日常的な重い荷物が、腰痛を引き起こすのですが、
かといって、持たないわけにもいかないのも事実です。

子育て中なら、自宅でもくつろげる時間も僅かかもしれませんが、
たとえ僅かな時間でも、心や身体への休息時間をとってくださいね。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の予防, 腰痛の原因, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

寝返りが腰痛を防いでいる

長時間の同じ姿勢が腰に負担をかけることは周知のことですが、
それは、横になって眠っているときも同じです。

背中をベッド・布団につけた仰向けに寝た状態では、
体重の4割もの重さが腰にかかります。

睡眠時間が6時間なら6時間も、8時間なら8時間も、
そのような状態が続くですから、腰痛を引き起こすのも当然です。

これを防いでいるのが、寝返りです。

眠っている間も、長時間の同じ姿勢を防いだり、
ストレッチを行っているなんて、自然ってよくできています。

当然、血液の流れもよくなるので、
冷えや健康にも大きな意味のあることですね。

もちろん、眠っている間のことですから、
積極的に寝返りを打つ、なんてことはできませんが、
自然な寝返りを妨げる要素を無くすことはできます。

ベッドは広い方が快適、リラックスできるというのも、
なるほど!ですね。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の予防, 腰痛の原因, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , | Leave a comment

腰痛には大腰筋を鍛えるスクワットも効果的

腰痛の原因は様々で、
それゆえに、原因がはっきりしないとも言われます。

それは、腰周辺には筋肉が多いからです。

腰周辺の筋肉が衰えてくると、正しい姿勢を保つことが難しくなり、
そのために負荷が大きくかかり、腰痛に繋がってきます。

腰周辺の筋肉、特に「大腰筋」を鍛えることが、
腰痛の予防や緩和に効果的です。

大腰筋を鍛えるトレーニングとは、「スクワット」です。

ただ、スクワットというと、
足を開いた屈伸運動になりがちですので、
正しいスクワットのやり方を紹介します。

1、足を肩幅程度に開いて立ちます

2、つま先は膝が曲がる角度に向け(必然的にやや外側になります)

3、両手は耳の辺りに

4、上体を立てたまままっすぐ腰を下ろします

5、膝の角度が90度くらいになったら腰を上げます

6、動作はゆっくりの方が効果的です


結構きついかもしれませんので、
最初は、1セット5回くらいから始めてください。

慣れてきたら、1セット10回くらに向けて、
少しずつ、回数を増やしていきましょう。

また、動作はゆっくりの方が効果的ですが、
きつければ、動きを早めて、
慣れるにしたがって、徐々にゆゅくりと。

つま先を内側に向けると膝を痛めやすいので、
つま先は絶対に内側に向けないようにしてください。


もちろん毎日行うのが一番ですが、
そこにこだわって辞めてしまうよりも、
三日坊主を繰り返す方がいいです。

できなった日があれば、その次の日から再開。

長い目で見れば、それも継続。

そのうち、やらない日は何かもの足らないようになりますよ。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の予防, 腰痛の原因, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

靴や服などが腰痛の原因になることも、女性は特に要注意

ファッションとして普通に身に着けている靴や洋服。

特に女性の場合、そのバリエーションも豊富ですが、
それゆえに、そのファッションが腰痛の原因となることもあります。

姿勢や生活習慣には気をつけているのに、
どうも腰が痛い、なかなか腰痛が治らない・・・

もしそうなら、こんな靴や洋服でいる時間が長くないですか?


1、ハイヒール

  人の身体の構造を考えたら、やはり不安定で無理な姿勢です。
  足や膝に負担を与えて、腰痛や肩こりの原因となります。

2、タイトスカート

  身体に密着したタイトスカートは、膝を曲げにくいもの。

  床に落ちたものを拾ったり、低い棚にあるものを取ろうとすると、
  膝が曲げにくいので、腰を曲げて取ろうとします。

  その動作の繰り返しが、
  徐々に腰の筋肉や椎間板に負担を与えることになります。

3、重たいネックレス

  首の筋肉や靭帯は、(横になっている時以外は)
  重い頭部を常に支えています。

  そこに重いネックレスが加われば、
  さらに、首の筋肉や靭帯に負担をかけることになります。

  同時に重量バランスを変わり、筋肉や靭帯への負担だけでなく
  頭部を自然な位置からずらすことにつながります。

  それが首の筋肉の緊張を高めて痛みを引き起こし、
  長期的には身体を前かがみの姿勢にさせ、
  腰への負担となります。

4、補正下着(スパンクス)

  あまりにもきつい補正下着は呼吸をしにくくするだけでなく、
  身体の動きも制限します・

  背骨の一部の動きが制限されると、他の部分でその動きをすることになり、
  補正下着の影響を受けない部分の背骨に、
  ダメージを与えることになります。

5、ホルターネック

  ホルターネックのブラやシャツを着けると、
  バストの重さを首で支えてしまいます。

  そのために、首が前かがみになって猫背となり、
  首や肩、背中の上部の痛みを引き起こします。

6、スキニージーンズ

  腰からふくらはぎまでをきつく覆ったスキニージーンズは、
  やはり、自然な歩行を妨げてしまいます。

  歩行中は、地面に足がつく際の衝撃は、各関節が吸収していますが、
  スキニージーンズによって各関節の動きが制限されると、
  その吸収が上手くできず、関節にかかる負担が大きくなります。


締め付けがきつく体の自然な動きを妨げる服装は、
やはり身体へ負担をかけています。

しかし、仕事柄、その服装が必要な場合もありますし、
ファッションを楽しむことも必要です。

でもそれも、健康な身体があってこそ。

腰痛が酷い場合は、以上のことを2つ3つ同時に重ねないなど、
身体へのいたわりも考慮してみてください。


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の予防, 腰痛の原因, 腰痛の改善 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

腰痛の意外な原因

腰痛の原因はいろいろですが、
一見腰痛と関係ないようで、実は関係している
意外な原因もあります。

腰痛の緩和や改善に良いと言われていることを、
いろいろと試しているけれど、なかなか良くならない・・・

もしそうなら、普段の何気ない習慣を
もう一度、見直してみませんか?


1、喫煙

  喫煙が健康に良くない、病気のもとであることは、
  いうまではありません。

  また、喫煙者には椎間板ヘルニアの人が多いのも事実です。

  背骨(脊柱)には骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板があり、
  この椎間板は周囲の毛細血管から栄養を吸収しています。

  タバコを吸うとニコチンが血管を収縮させので、
  椎間板へ栄養が行き渡らなくなります。

  タバコをやめることで、
  壊れていた椎間板が回復する可能性もあります。

2、睡眠不足

  睡眠不足は、血流が悪くして、
  喫煙と同じように椎間板が栄養不足になります。

  また、睡眠時間は十分なのに、実はあまり眠れていない、
  と、いうこともあります。

  敷布団やマットレスが柔らかい過ぎたり、
  枕の高さがあっていないと、十分な睡眠がとれません。

  特に枕の高さは、就寝時の姿勢への影響が大きく、
  腰痛を招く原因にもなります。

  寝具店などで相談されるのも良いと思います。

3、肥満

  普段の生活で、立ったり座ったりの動作をするだけで、
  腰には体重の約2.5倍の負荷がかかります。

  もし体重60kgの人なら、150kgもの負担がかかっています。

  また、肥満になるとお腹が前に出て、
  無意識に腰を反らせてバランスを取るようになり、
  これも、腰痛の原因になります。

  体重の増加は、腰への負担の増加です。

4、運動不足

  運動不足も腰痛の原因となります。

  長時間の同じ姿勢も血行を悪くし、腰の筋肉が固くなります。
  
  腰まわりの筋肉も衰え、
  上半身を支えている腰に負担がかかるため、腰痛を引き起こします。

 
腰痛の時に身体を動かさないでいると、
関節や腰の筋肉がどんどん衰え、さらに悪化させてしまいます。

痛みが酷い場合は安静が必要ですが、
少しくらいの痛みの場合は、適度に動かした方が治りも早いものです


エゴスキュー腰痛解決プログラム
エゴスキュー腰痛解決プログラム

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD


Posted in 腰痛の原因 | Tagged , , , | Leave a comment